» 情報公開 »

役員等の報酬及び費用に関する規定


(目的)

第1条この規定は、公益財団法人前川報恩会(以下、「当財団」という。)の役員等の報酬及び費用に関し必要な事項を定め、もって公正かつ適切な事業運営を推進することを目的とする。

(適用範囲)

第2条前条の「役員等」とは、次の各号のとおりとする。
(1) 理事
(2) 監事
(3) 評議員

(報酬の支給)

第3条当財団は、役員等に対して理事会、又は評議員会への出席にかかわる対価として報酬を支払うことができる。
2監事には、監査にかかわる職務執行の対価として報酬を支払うことができる。

(報酬の額の決定)

第4条当財団の理事に対する報酬の額は、別表に定める額とする。
2当財団の監事に対する報酬の額は、別表に定める額とする。
3当財団の評議員に対する報酬の額は、別表に定める額とする。

(報酬の支給方法)

第5条第2条第1号及び第3号に掲げる者に対する報酬は、次年度の予算を決定する理事会又は評議員会の日に、当該事業年度における理事会又は評議員会、及び助成者代表報告会、第2号に掲げる者は理事会、評議員会、助成者代表報告会及び監事監査への出席回数に応じて支給する。
2報酬は、通貨をもって本人に支給する。ただし、本人の指定する本人名義の金融機関口座に振り込むことができる。
3報酬は、法令に定めるところにより控除すべき金額及び本人から申し出のあった立替金、積立金等を控除して支給する。

(費用の支払い)

第6条当財団は、第2条各号に掲げる者に対し、その職務の遂行に伴い発生した旅費及び交通費を当財団旅費規程の定めに基づき支給する。
2第2条各号に掲げる者から費用の支払い請求があったときは、現金で支払う。ただし、本人の指定する本人名義の金融機関口座に振り込むことができる。

(規定の改定)

第7条本規定の改定は、評議員会の決議を経て行う。

(補足)

第8条この規定の実施に関し必要な事項は、理事長が理事会の承認を得て、別に定める。

隋測
制定平成24年5月22日
施行平成24年10月1日
  
制定平成25年1月29日
施行平成25年1月29日
  
制定平成25年5月30日
施行平成25年6月1日
  
制定平成28年2月8日
施行平成28年2月8日
  
制定平成30年6月19日
施行平成30年6月20日
※別表(報酬の額)
(1)理事
日 額
理事会への出席20,000 円
助成者代表報告会への出席20,000 円
(2)監事
日 額
理事会・評議員会への出席20,000 円
助成者代表報告会への出席20,000 円
監事監査(資産運用・予算・決算)への出席50,000 円
(3)評議員
日 額
評議員会への出席20,000 円
助成者代表報告会への出席20,000 円